FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四十肩・五十肩

新津は今日は雨です。
通勤途中の国道端にヒマワリとコスモスが混じって咲いていて、いかにも初秋の風情です。

先日、四十肩、五十肩について触れましたが、正しくは肩関節周囲炎といいますが、西洋医学ではその原因は正確には明らかにされていません。
中高年に多く起こりますから、老化現象が発生して、硬くなってしまった肩の関節の腱や、関節を包んでいる柔らかい筋肉の炎症であろうといわれています。

季節も関係あるようです。
以外にも、夏の発生が多いのです。
冷房の良く効いた室内やオフィスなどで肩を冷やしてしまうと、肩を動かす為の腱板が傷ついてしまうらしいのです。
筋肉は冷えると縮んでしまうのですが、そんな中、いきなり重いものを持ってしまうと、腱板が傷ついたり、場合によっては腱が切れてしまうこともあります。

年齢にかかわらず、スポーツ等のしすぎによって肩の組織が硬くなってしまったり傷ついてしまっている人もいます。
とくに、野球肩といって、野球をやる人に多いようです。
部位は違いますが、テニス肘も同じ関節ですから原因は同じです。

お風呂に入ると楽になることから、血行を良くすると症状は改善されるようです。
肩こり、四十肩、五十肩、腰痛、ギックリ腰、膝痛、肘痛は、気功治療ですぐに効果のでる症状のひとつです。
気功治療は、単純なマッサージに比べ著しく血流がよくなるからです。

まもなく、秋のお彼岸ですが、「暑さ、寒さも彼岸まで」といいます。
季節の変わり目には注意をしましょう。
日頃から肩の保温に気をつけて下さい。
肩を動かすときはゆっくりと。重い荷物の持ち運びはできるだけ少なく。
五十肩・四十肩に冷えは大敵です。
寝ている間の肩の冷えには、特に要注意です。

五十肩・四十肩は突然起こるのでなく、肩に違和感やしびれ感があるなどの前兆があります。
これを見逃さず、起こったら肩関節を適度に動かしたり温めることで、症状の進行を抑えることができます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

気功整体・癒しの空間

Author:気功整体・癒しの空間
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。