FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腱鞘炎 その後

腱鞘炎のその後です。
結論から言うと、緩消法は効果がありました。
テキストは、「ドゥケルバン腱鞘炎」について治し方を指導するものなので、私の親指腱鞘炎という症状の場合、該当する筋肉は違いますが、基本的に筋肉の性質が変わることは無いので、該当する筋肉に置き換えて、テキストどおり施術してみました。・・・・・結果、確かに痛みは和らぎました。なくなったといってもいいくらい痛みは和らぎました、が、、、、、指の動きの悪さは変わりありません。

 つまり、痛みはその場で取れるに偽りは無いのですが、腱鞘ヌードルの脹らみ&鞘の炎症がその場で解消するわけではないのです。もちろん、そのまま安静にすごせば完治するのでしょうが、職業柄、親指を使わないわけには行かないので、古い痛みの蓄積は解消したが、新しい痛みが発生した、、、、、ということの繰り返し、3歩進んで2歩さがる、、、、、という感じ。
過度の晩酌による「AGEs=糖化タンパク」の蓄積で、筋肉が硬いのが災いしているようです。

 それでも、少しずつでも確実に良くなりつつあるので、テキストを購入してよかったと実感しています。
おかげで整体で使える技が増えたというところでしょうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

気功整体・癒しの空間

Author:気功整体・癒しの空間
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。