スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎮痛剤をやめよう

皆さんは、頭痛、腰痛、生理痛などをどうやって解消されますか?「痛み止め薬」を常用されてませんか?

痛み止めを常用している限り、その痛みと一生お友達でいなければいけません。

意外と知られていませんが、痛みの原因は血行障害なのです。
体には自然治癒力がありますから、プロスタグランジンとよばれる血管拡張成分を分泌し血行を良くしようとするのですが、同時にプロスタグランジンには、知覚神経を敏感にする働きがあるのです。つまり、痛みの原因は痛みを解消する物質そのものの一過性の現象なのです。

痛み止めの代表的な成分は、イブプロフェンやケトロプロフェンですが、これらは、プロスタグランジンが作られるのを抑え、交感神経を緊張させますから、血行障害はますますひどくなって、痛みとお友達になってしまうのです。

2・3年の常用で、冷え性や糖尿病になるケースがとても多いのです。

では、プロスタグランジンが分泌すする際の痛みは、我慢するしかないのでしょうか?

いいえ、血行を良くし、プロスタグランジンの生成を抑えることで、痛みとさよならできるのです。

複数の薬を飲んでいる人の場合、その8割は鎮痛剤が混ざっておりますから、さらに病気を悪化させることになります。
たとえば、生理痛で有名なある成分を含んだ薬には次のような注意書きがあります。

副作用等
1. ショック、胸内苦悶、悪寒、冷汗、呼吸困難、四肢しびれ感、血圧低下、再生不良性貧血、溶血性貧血、無顆粒球症、血小板減少、消化性潰瘍、胃腸出血、潰瘍性大腸炎、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、中毒性表皮壊死症、Lyell症候群、急性腎不全、間質性腎炎、ネフローゼ症候群、乏尿、血尿、尿蛋白、BUN上昇、血中クレアチニン上昇、高カリウム血症、低アルブミン血症、無菌性髄膜炎、項部硬直、発熱、頭痛、嘔気、嘔吐、意識混濁、肝機能障害、黄疸、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、γ-GTP上昇、劇症肝炎、喘息発作、喘鳴

記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明2. 血小板機能低下、出血時間延長、食欲不振、嘔気、嘔吐、胃部不快感、腹痛、消化不良、下痢、口渇、口内炎、腹部膨満感、便秘、AST上昇、GOT上昇、 ALT上昇、GPT上昇、Al-P上昇、黄疸、過敏症、発疹、そう痒感、蕁麻疹、湿疹、紫斑、霧視、視覚異常、難聴、耳鳴、味覚異常、頭痛、眠気、眩暈、不眠、抑欝、血圧上昇、動悸、血圧低下、浮腫、倦怠感、発熱、鼻出血 記載場所: その他の副作用
頻度: 頻度不明

3. 異常 記載場所: 使用上の注意
頻度: 頻度不明

4. 無菌性髄膜炎、過度の体温下降、虚脱、四肢冷却、感染症を不顕性化、着床数抑制、生仔数抑制、胎仔動脈管収縮、胎児循環持続症、PFC、一時的不妊 記載場所: 使用上の注意
頻度: 頻度不明

血流を良くするには、正しい姿勢と、軽い運動が一番です。

ですが、お忙しいあなたには、当整体院がお手伝いさせていただきます。
推拿療法は、効果的に副交感神経を刺激して血行障害を改善するので、慢性的な痛みがたったの一回で消失することも珍しくありません。
スポンサーサイト

「肥満・メタボ」その(1)

体・正常化計画、今日の話題は、「肥満・メタボ」その(1)です。

ある、ブログで、「そんなに食べてないのに太るのはなぜ?」という記事があり、「食べていないつもりでも、実は食べているんだ」との反論がありました。

はたして、どちらが正しいのでしょうか?
「そんなに食べてないのに太るのはなぜ?」に関しては、、そういうタイプの人がいることは事実です。
整体をしていると分かることなのですが、「そんなに食べてないのに太る」人は、肩甲骨を持ち上げようとしても、挙がりません。
つまり、背筋の筋幕が癒着しているのです。
逆に、「食べても太らない人}は例外なく、持ち上げると、肩甲骨が7センチくらい挙がります。

褐色脂肪細胞の70%が背中にあるといわれておりますから、それと関係があるのは間違いないようです。
背中を整体すると背中が温かくなりますが、次回来られたときには肩甲骨が少し挙がるようになっています。
体重のことは、質問しづらいので言わないようにしますが、顔が引き締まっているのが見た目でも分かりますので、基礎代謝がアップしているのは間違いないようです。

「そんなに食べてないのに太る」なら、食事の回数を減らしたらどうですか?というと、「3食きちんと食べないと体に悪いから」とおっしゃる方が大勢いらっしゃいます。
「胃が悪いので、胃腸薬を飲まなければならないから、3食欠かせないのです」・・・・・(@_@;)・・・本末転倒ですね。

3億年の人間の歴史の中で、食事を3回食べるように立ったのはほんの150年ほど前からです。

腸内細菌は、草食動物や人間のような雑食動物において食物繊維を構成する難分解性多糖類を短鎖脂肪酸に転換して宿主にエネルギー源を供給しています。
また、その死骸は、良質のアミノ酸です。
「うんち」の半分以上が、腸内細菌の死骸を消化吸収した「カス」であるということは、常識です。・・・・が、あまり知られておりません。
日本では「トランス脂肪酸」をはじめ、食品提供業者にとっては都合の悪いことは、公表しないのが一般的です。

つまり、少量の食物繊維とミネラルを含んだ水さえあれば、人間は生きられるのですが、それ自体が一般には公表されていません。

乳牛は、草しか食べないのに一日で25リットルの牛乳を生産します。無調整牛乳139本分です。
必須アミノ酸にいたっては何の根拠もないことは一目瞭然です。

「肥満・メタボ」その(1)

体・正常化計画、今日の話題は、「肥満・メタボ」その(1)です。

ある、ブログで、「そんなに食べてないのに太るのはなぜ?」という記事があり、「食べていないつもりでも、実は食べているんだ」との反論がありました。

はたして、どちらが正しいのでしょうか?
「そんなに食べてないのに太るのはなぜ?」に関しては、、そういうタイプの人がいることは事実です。
整体をしていると分かることなのですが、「そんなに食べてないのに太る」人は、肩甲骨を持ち上げようとしても、挙がりません。
つまり、背筋の筋幕が癒着しているのです。
逆に、「食べても太らない人}は例外なく、持ち上げると、肩甲骨が7センチくらい挙がります。

褐色脂肪細胞の70%が背中にあるといわれておりますから、それと関係があるのは間違いないようです。
背中を整体すると背中が温かくなりますが、次回来られたときには肩甲骨が少し挙がるようになっています。
体重のことは、質問しづらいので言わないようにしますが、顔が引き締まっているのが見た目でも分かりますので、基礎代謝がアップしているのは間違いないようです。

「そんなに食べてないのに太る」なら、食事の回数を減らしたらどうですか?というと、「3食きちんと食べないと体に悪いから」とおっしゃる方が大勢いらっしゃいます。
「胃が悪いので、胃腸薬を飲まなければならないから、3食欠かせないのです」・・・・・(@_@;)・・・本末転倒ですね。

3億年の人間の歴史の中で、食事を3回食べるように立ったのはほんの150年ほど前からです。

腸内細菌は、草食動物や人間のような肉食動物においてさえも食物繊維を構成する難分解性多糖類を短鎖脂肪酸に転換して宿主にエネルギー源を供給しています。
また、その死骸は、良質のアミノ酸です。
「うんち」の半分以上が、腸内細菌の死骸を消化吸収した「カス」であるということは、常識です。・・・・が、あまり知られておりません。
日本では「トランス脂肪酸」をはじめ、食品提供業者にとっては都合の悪いことは、公表しないのが一般的です。

つまり、少量の食物繊維とミネラルを含んだ水さえあれば、人間は生きられるのですが、それ自体が一般には公表されていません。

乳牛は、草しか食べないのに一日で25リットルの牛乳を生産します。無調整牛乳139本分です。
必須アミノ酸にいたっては何の根拠もないことは一目瞭然です。
(必須アミノ酸が必要ないという意味ではありません。必須アミノ酸と必須脂肪酸は必ず必要なものです。しかしながら、長期の断食などを行なっていると、必要最小限程度は腸内細菌叢が死骸となって補ってくれるという意味です。特殊な環境下の意味ですので誤解の無いように願います。)

体・正常化計画 冷え性

西洋医学では、冷え性は自覚的な症状として、軽く扱われてしまいますが、東洋医学では病気の前ぶれ、いわゆる未病で、あらゆる病気の源になるものとして捉えられています。

理想的な体温は36.5~37℃ですが、最近は36℃に満たない人が増えています。
冷えは、体の機能を低下させ、下痢、膀胱炎、生理痛、頭痛、風邪、などを引き起こすだけでなく、気持ちも不安定となり心にも悪影響を及ぼします。

積極的に熱を作るために、3食きちんと食べるよう主張するお医者様もいらっしゃいますが、ダイエット中の人を除けば現代人は、産熱のためのエネルギーはむしろ余り気味で、3食、食べることによる内臓の疲れから、かえって健康を損ねる場合もありますので、むしろ、基礎代謝を上げる方向で産熱を図り、暖かい服装で体熱の放散を防止することがよいでしょう。

冷え性には、手や足の冷え性と内蔵型冷え性がありますが、手足型冷ええは、内臓を守ることが優先されている結果ですから、それほど怖くありませんが、内臓型冷え性は、重大な病気が潜んでいる可能性があります。

体温の測り方
体温計には、昔ながらの実測式と、数十秒で表示される予測式がありますが、どちらの体温計でも10分間脇の下で測って、36.3度以下のときは、内蔵型冷え性の可能性が大きいそうです。

いずれにしても、中性脂肪を直接燃やして産熱するインナーマッスル(遅筋)を鍛えて、毛細血管を増やすことが最善の方法といえるでしょう。ちなみに、遅筋は鍛えても、速筋の様に太くはならず、毛細血管が増えるだけです。

気功師のお勧めは「太極拳」ですが、「ウオーキング」や「ヨガ」「スクワット」などは代謝を促進し、免疫力をUPするので、習慣的に行うことをお勧めします。

体・正常化計画 肩こり

肩こりの原因は、同じ姿勢を続けることや姿勢の悪さです。
パソコンの普及で、肩こりが増えて、「テクノストレス」とも呼ばれています。
肩こりの解消法は、固まった筋肉を動かして、血行を良くする事です。
肩から背中に繋がる僧帽筋や首筋を思い切り緊張させ、ストンと脱力することで、筋肉が緩み、血流がよくなります。
肩こりは、緊張型頭痛の原因にもなりますので、上記の運動でも緩まないくらいコチコチになった場合は、「整体院」にかかることをお勧めします。

気功整体・癒しの空間
プロフィール

気功整体・癒しの空間

Author:気功整体・癒しの空間
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。