FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気功治療

今日の新津は、爽やかな秋晴れです。

雨の日にご来店のお客様が少ないので、雨の日割引を実施しましたが、それ以来、雨が降りません。
ぅーむ、これはどうしたことだ。

気功整体の店を開店して、まもなく3ヶ月が経とうとしています。
この弱小整体院は、いまだに満足できるレベルではないものの徐々に、お客様の数も増えているので、嬉しい限りです。

そのお客様のお一人に、近所の高齢の女性が居られます。
ぎっくり腰でご来院以来、すっかりファンになって頂き、何かにつけてご来院されますが、動機が、整体院本来の目的と少し違うのです。
たとえば、打撲や、肉離れなどです。

もちろん、お医者様のテリトリーですから、整形外科に行かれるようお勧めしますが、打撲のときは、とても痛そうなご様子でした。
診療時間が終わってるので今日はいけないけど、明日行きますとおっしゃったので、とりあえず「気功治療」で痛みを和らげるよう対応しました。

後日、お聞きしたら、痛くなくなったから整形外科には行かなかったとのことです。

今回は、重いものを動かしたら、痛くて歩けなくなったとのことです。
どうやら大腿四頭筋の肉離れのご様子ですが、「お医者さんに行って、レントゲンで確かめて頂きましょう」とお勧めしました。

翌日、お医者さんでレントゲンを撮ってもらったが、骨に異常は無かった。
デンキをかけてもらい、痛み止めの薬をもらったが、全然よくならない。・・・・・とのことです。

肉離れは、肩こりや腰痛と違って、整体ではどうすることも出来ないのです。
安静が必要だからです。
かといって、80代の女性が、絶対安静など、かえって危険なのです。
そう、廃用症候群です。寝たきりに成ってしまうのです。

整体ができなければ、気功治療に頼るしかありません。
気功治療というと、一部にはまだ、胡散臭いもの、信用できないもの、とのイメージもあり、あまりしたくないのですが(マスコミが興味本位で作り上げてしまったイメージで本当は違うのですが、)場合によっては、抜群の効果があります。

中国では、病院に気功治療科がありますが、気功を信頼する土壌があるから成り立つのです。
つまり、信頼関係が無いと気功治療は効かない場合が多いのです。
逆に、信用して頂ける場合は、とても効果があるのです。

一指禅功では、亢進性の病気には、冷たい“気”を当てて治療する技術があります。
筋肉の起始・停止を軽く抑えながら暖め、患部には冷たい“気”を送ります。
筋肉が緩み、痛みが緩和します。

つくづく、気功をやってて良かったと思う瞬間です。
でも、怪しい人と思われたくないので、あまり使いたくないというのが本音です。
スポンサーサイト
プロフィール

気功整体・癒しの空間

Author:気功整体・癒しの空間
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。